日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 山本一生
  • 平凡社 (2011年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582855678

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の日記読むのはおもしろい。巣鴨日記とか古川緑波の日記とか読みたくなる。

全1件中 1 - 1件を表示

山本一生の作品

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)を本棚に登録しているひと

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)の作品紹介

木戸幸一の趣味の域を超えたゴルフライフ、政治学者・矢部貞治と横光利一のパリでの交錯、奔放な息子に悩まされた華族政治家・有馬頼寧、巣鴨プリズンで意外な一面を見せた笹川良一、喜劇役者・古川ロッパと名物記者の交友…。昭和期の日記から知られざる物語を掘り起こし、時代の一断面を描く。

日記逍遥 昭和を行く-木戸幸一から古川ロッパまで (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする