日本語の「常識」を問う (平凡社新書)

  • 20人登録
  • 1.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 鈴木貞美
  • 平凡社 (2011年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582855869

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • メモ書きか、というスタイル。

  • 活字が小さい。失敗した。

全3件中 1 - 3件を表示

鈴木貞美の作品

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)の作品紹介

日本語の表記には漢字も仮名文字もあるように、純粋な単一言語がないことは、歴史を見れば明らかだ。だが明治期以降、西欧文化的な価値観にとらわれ、言語ナショナリズムの考え方に陥ってしまったのだ。はたして、文化と文化圏の歴史的な違いを無視して、日本語を語ることができるのだろうか。言語学や国語学だけではない、文化史からの日本語論。

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)はこんな本です

日本語の「常識」を問う (平凡社新書)のオンデマンド (ペーパーバック)

ツイートする