緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉田則昭
  • 平凡社 (2012年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582856392

緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今月の新刊。まだ研究途上のことなのでモヤモヤ感が残るのはしょうがないかな。タイトルは衝撃的かもしれないけど、非凡な政治家と巨大な諜報機関による平凡な関係というのはもっと衝撃的かも(笑)

  • 緒方の父は内務官僚だったが世渡りが下手だったから、子供たちには官僚になるな、と言っていた。そういう父親はいいね。それで緒方は一ツ橋に行って商業を学んでいたが、つまらなかったそうだ。商業なんて小さいもんね。当時は植民地政策とか大きいことがよかったようだ。時代だね。

  • 読売新聞の正力松太郎氏に目が行きがちだが、朝日新聞にも凄い人物がいたことを教えてくれる。

全3件中 1 - 3件を表示

吉田則昭の作品

緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)の作品紹介

戦前は朝日新聞を代表する記者として活躍、その後政界に転じ、小磯内閣で内閣情報局総裁を務め、戦後は保守合同を主導したことで知られる緒方竹虎。二〇〇五年に機密解除となった米公文書から、一九五五年の自民党結成にあたり、CIAが緒方を通じて対日政治工作を行っていた実態が明らかになった。コードネーム=POCAPON。彼はアメリカのエージェントだったのか。

緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする