江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)

  • 13人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小栗清吾
  • 平凡社 (2013年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582856712

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史上の人物を茶化したり、皮肉ったり。
    当人が聞いたら怒るだろって、きっついネタもあったり。
    昔の人もこんなくだらないこと考えてたんだなあって思うと感慨深いものがある、かも。

  • 13/04/02 江戸川柳を楽しむには知識がいる。勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

小栗清吾の作品

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)を本棚に登録しているひと

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)の作品紹介

「柿本人麻呂で目を覚ます」って、どういうこと?「お出かけ前の弁慶は大忙し」って、なぜ?古今東西・老若男女、神様も殿様も、猛者から貞女までをも、知恵と教養と皮肉の限りを尽くして、チャキチャキの江戸っ子が、遠慮会釈なくシャレのめす。ハリボテの権威なんか蹴っ飛ばせ。十七文字で描かれた川柳の世界で、あなたも江戸っ子と知恵くらべ。

江戸川柳 おもしろ偉人伝一〇〇 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする