作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)

  • 38人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大本泉
  • 平凡社 (2014年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582857498

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと書き方に偏りが見え隠れしてるけど、こうして並べて作家のそれぞれの食生活の一端がみられるのは楽しい。

  • 光が丘図書館 910.26

    「新しい御馳走の発見は人類の幸福に取って天体の八件以上のものである」(ぶりあ・サヴァラン『美味礼讃』p230
    開高武さんの本は今度読みたい。

    志賀直哉の項。p
    78
    「ぼくはものを掻く衣食住には興味あるほうがいいというせつなんです。たにざきくんなども興味のある方でsが宇、なにか色彩が出てくるんです。そういうことに全然むかんかくな人は、色彩の感じがないんです。ぼくら、なんにも色彩をつけるためにやるんでなくて、まぁ、好きだから興味があるんだけれども、昔の紅葉あたりだと、どんどんそれを作品に使うんですよ。それは僕は嫌いなんです。さくひんにひらけかすようなのはね(辻嘉一「包丁余話」

  • S910.26-ヘイ-749 300387040

  • 登場作家
    森鴎外/夏目漱石/南方熊楠/正岡子規/与謝野晶子/
    永井荷風/志賀直哉/谷崎潤一郎/葛西善蔵/岡本かの子
    /芥川龍之介/宮沢賢治/川端康成/林芙美子/檀一雄/
    吉田健一/山田風太郎/池波正太郎/三島由紀夫
    /向田邦子/開高健

  • 鷗外が饅頭のお茶漬けを好きだったのは有名だけど、こうして、色々な作家の嗜好品が並べられた中にあるとまた、異色だなあ。
    三島由紀夫の祖母の溺愛ぶり(授乳の時間の10分から15分しか孫を嫁に返さない)など、三島の評伝を読んだときは「へえ、そうなんだ」だけで通り過ぎていたけど、列伝の中で読むと「ひゃあ、それはスゴイ」と感じます。
    文学で名をなした人ってみんな変わってるけど、そのエピソードを続けて読むと、あらためて変わった人たちだなあと思います。

  • 明治から戦後昭和の作家達がどんな食を好んできたのか、様々なエピソードを交えて描かれている。

    向田邦子だけレシピが載っていたり、向田邦子だけ落丁?があったり、何か変な思い入れ?があるんだろうか。

全7件中 1 - 7件を表示

大本泉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西 加奈子
三浦 しをん
小林 聡美
宮下 奈都
有効な右矢印 無効な右矢印

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)を本棚に登録しているひと

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

作家のごちそう帖: 悪食・鯨飲・甘食・粗食 (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする