『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)

  • 68人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 畑中章宏
  • 平凡社 (2015年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582857740

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書籍の時代背景・執筆者の解説

    日本残酷物語という1960年ごろに話題となった全7巻のシリーズについて解説している。全体で約230ページある書籍の冒頭1/3は執筆者や書籍ができた経緯,背景について解説しており,残りの2/3でシリーズを1巻ずつ解説している。日本残酷物語ができた経緯としては,宮本常一という著者の存在が大きく,前身となる「日本風土記」からの流れをくんでいるとのこと。
    後半の2/3の部分では,担当した執筆者の紹介や関連書籍,時代背景についても触れられており,けっこう長ったらしい記述もあった。

    全体としては,長ったるしくて読んでいておもしろくない部分がけっこうあった。時代背景の解説はもう少し減らして,日本残酷物語への著者の感想や考察をもう少しほしかった。批評家というか論文のレビューみたいで堅苦しくていまいちだった。

    p. 53の「民衆の世界が世間に知られるのは不幸によってである」という一文が印象に残った。2016年に電通の若手女性社員が自殺したことが大きな話題になったが,まさにこれと一致していると思った。時が流れても,民衆の生活・立場というのは変わりないのだなと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

畑中章宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
スティーブン・ピ...
スティーブン・ピ...
有効な右矢印 無効な右矢印

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

『日本残酷物語』を読む (平凡社新書)はこんな本です

ツイートする