あきれた紳士の国イギリス: ロンドンで専業主夫をやってみた (平凡社新書)

  • 34人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 加藤雅之
  • 平凡社 (2017年3月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784582858402

あきれた紳士の国イギリス: ロンドンで専業主夫をやってみた (平凡社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 時事通信社のジャーナリストだった著者が
    ロンドンで専業主夫となり
    家事と子育てに勤しむこととなる。
    イギリス人の食に対する無関心や医療システムの複雑さは知ってはいたものの
    まさかこれほどとは。。。^^;
    住宅街の普通の道をクラクション鳴らしまくりでぶっ飛ばすという、紳士の国イギリス人たちの姿は
    ショッキングすぎて想像すらできないレベルでございました。
    美しい庭や優雅なアフタヌーンティ、美味しいスコーンやクロテッドクリームといった類の
    女子が憧れるイギリスの姿は全くでてきません。
    あくまでも日本の中年男性から見たリアルなイギリスの姿がシニカルに描かれています。

  • イギリスに住んでる著者の、淡々とした日常というか。
    特に文化論とか歴史に踏み込むわけではなく、個人が感じた英国の毎日。
    文章は読みやすく、やらしさのもないので好感。

  • 著者の飾らない語り口がステキ。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロジーナ・ハリソ...
塩田 武士
恩田 陸
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

あきれた紳士の国イギリス: ロンドンで専業主夫をやってみた (平凡社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

あきれた紳士の国イギリス: ロンドンで専業主夫をやってみた (平凡社新書)はこんな本です

あきれた紳士の国イギリス: ロンドンで専業主夫をやってみた (平凡社新書)のKindle版

ツイートする