バッティングの極意―うねり打法

  • 62人登録
  • 3.85評価
    • (8)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 手塚一志
  • ベースボールマガジン社 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784583037288

バッティングの極意―うねり打法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バッティング理論の集大成。

  • 高校時代に大はまりした、うねり打法の教科書。
    当時は画期的(というかキワモノ)な理論だったが、今考えると、人体の運動理論としては、すごく適切な気がする。

    ちゃんと読み返してみたら、すごく面白かった!

  • すっごいよ

  • 『バッティングの正体』が進化して極意となったようです。
    正体 ⇒ 極意 

    『バッティングの正体』は読みましたが、うねり打法、シンクロ打法についての解説本でした。

  • うねり打法。

  • バッティングの正体の第二弾。ひねりを最大限生かす打ち方『うねり打法』を紹介している本。阪神の浜中選手などが実践していることで一時期有名になった。

  • 昨今の身体理論ブームより前に産み落とされた傑作。野球をやらない人にこそ読んでほしい一冊。

全7件中 1 - 7件を表示

バッティングの極意―うねり打法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バッティングの極意―うねり打法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

バッティングの極意―うねり打法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バッティングの極意―うねり打法を本棚に「積読」で登録しているひと

バッティングの極意―うねり打法はこんな本です

ツイートする