ジャイロボール

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 手塚一志
  • ベースボールマガジン社 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784583100357

ジャイロボールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し前に野球の投球技術について知りたいことがあり、手に取りました。スポーツノンフィクションというより、やさしめに書かれた技術書です。シンプルすぎる装丁は潔くて好きです。

    一般的にいって、野球のピッチャーの投球では、銃弾や矢を発射したときのようなきりもみ状の回転を与えないというのには驚きました(スライダーは別)。そっちでフツーと思ってましたから。もちろん、この本の技術論はきりもみ状の回転を保ってキャッチャーのミットに収まる「ジャイロボール」中心。ジャイロボールを投げるために必要な腕の振りかた、全身の使いかたが解説されています。他の球種との比較も軽いボリュームですがなされています。

    ジャイロの理想的な投手として現ボストン・レッドソックスの松坂投手が登場しますが、私は残念ながら彼に興味がなくて(笑)。技術書としてはスタンダードかなぁと思いますのでこの☆の数です。

  • 新しい魔球ジャイロ。松坂が一流のジャイロ使いであるという言及がストンと落ちなかった。ダルビッシュの方が向いているのでは。具体的にどんな球であるか、なぜその球が打ちにくいのかということがもう少しよくわかると良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

手塚一志の作品

ジャイロボールの作品紹介

なぜ、その回転に?何が起きる?発見者が語る魔球ミステリーの真相。

ジャイロボールはこんな本です

ツイートする