横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書)

  • 31人登録
  • 3.89評価
    • (1)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 双葉山
  • ベースボールマガジン社 (2008年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784583100753

横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の1行にある、「同じ言葉でも、受け手のレベルで意味合いは千差万別」がすべて。
    頂点に至るまでの努力がすさまじい。

  • 横綱に上り詰めた方の勝負哲学、一流思考を学ぶ上で参考になる。

    字がでかく、内容も平易なので読みやすい。

  • [ 内容 ]
    いまこそ読みたい、屈指の横綱・双葉山(時津風定次理事長)が遺した『相撲求道録』復刻版。
    その人生から、人がもつべき品格の何たるかが見えてくる。

    [ 目次 ]
    序に寄せて 単純だからこそむずかしい-相撲が教えてくれるもの(第四十八代横綱 大鵬幸喜)
    第1章 ゆくて遙かに
    第2章 立浪部屋
    第3章 同門の人びと
    第4章 ひとすじの道
    第5章 相撲のこころ
    第6章 双葉山道場
    第7章 力士と条件
    第8章 交わりの世界

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2008/2
    名横綱とうたわれた双葉山が生前残した自伝と、相撲についての考えがまとめられている。平易な文で書かれているが、かえって近頃不祥事続きの角界と違う感覚になり、古きよき大相撲を感じさせる。

全4件中 1 - 4件を表示

横綱の品格 (ベースボール・マガジン社新書)はこんな本です

ツイートする