なぜ「少年」は犯罪に走ったのか (ワニのNEW新書)

  • 23人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 碓井真史
  • ベストセラーズ (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584103258

なぜ「少年」は犯罪に走ったのか (ワニのNEW新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2000年頃の事件を取り上げ、少年犯罪の加害者の心理について述べた本。

    加害者と被害者を同時に考えることは難しいと思った。
    加害者が凶悪事件を起こした原因には、環境・脳の異常・遺伝・個性など様々なことがあるけれど、実際私達にできるのは環境を整えること。
    今やそれが難しいんだろうけど、家族とか知り合いとか、そういう近いとこだけは、考えるべきだろう。

    もう一つ、マスコミに躍らされるのは恐ろしいこと。
    事実を知るべきだと強く思った。

    言われてみれば当たり前なこともたくさん書かれてるけど、いろいろ考えるきっかけになるし、より学びたくなった。

  • [ 内容 ]
    不可解な動機、不可解な存在、17歳。
    なぜあんな普通の子が殺人を犯してしまったのだろうか?
    事件が起きるたびに世間は反応する。
    だがこれまでの事件は「普通の子」だから起こしてしまった悲劇なのだと本書は警告する。
    これはどこにでも存在しうる少年の精緻な心理分析である。

    [ 目次 ]
    第1章 一七歳、愛知体験殺人事件(人を殺す経験がしたかった 快楽殺人・純粋殺人・連続殺人 ほか)
    第2章 一七歳、佐賀バスジャック事件(血も凍る一五時間 歪んだ優越感「我、天帝なり」 ほか)
    第3章 一七歳、岡山バット殺人事件(少年はバットを振り下ろした いじめから芽生える殺意 ほか)
    第4章 一五歳、大分一家六人殺傷事件(現代の『八つ墓村』事件 盗まれ、切り刻まれた下着 ほか)
    第5章 あなたの子供は大丈夫?―私たちの未来のために(犯罪心理学とは? 非行の心理 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • とてもとても易しく優しく書かれている。
    誰かを責めるんじゃない書き方は嫌いじゃない。

全3件中 1 - 3件を表示

碓井真史の作品

なぜ「少年」は犯罪に走ったのか (ワニのNEW新書)の作品紹介

不可解な動機、不可解な存在、17歳。なぜあんな普通の子が殺人を犯してしまったのだろうか?事件が起きるたびに世間は反応する。だがこれまでの事件は「普通の子」だから起こしてしまった悲劇なのだと本書は警告する。これはどこにでも存在しうる少年の精緻な心理分析である。

なぜ「少年」は犯罪に走ったのか (ワニのNEW新書)はこんな本です

ツイートする