人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)

  • 50人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (6)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 柳美里
  • ベストセラーズ (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584125380

人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 柳美里の初の人生論です。
    お断りしておきますが、自分はこの種の本を全くと言っていいほど読みません。
    理由は3つ。
    ①その日その日で手一杯で、人生について考える余裕がないから
    ②人生なんて大テーマを本から学ぼうなんて了見がさもしいと思うから
    ③結局は著者の自慢話であることが多いから(いや、たぶん、推測)
    ただ、柳美里のなら読みたい、と思って手に取った次第。
    伝え聞いているだけでも、柳美里は波瀾万丈な半生を送ってきた方。
    で、読んでわかったのは、想像していたより波瀾万丈な半生を送ってきたということ笑。
    率直な感想は、「この世に〝ふつう〟なんてないのだ」ということです。
    柳美里は、超の付くギャンブル好きの父と、店に来る客と不倫して家に帰らないこともままある母の元で、4人きょうだいの長女として育ちました。
    家庭は端的に言って崩壊していたそうです。
    そういう柳美里も数々の不良行為で高校を1年でドロップアウト。
    それから劇団に入り、劇団を主宰する東由多加と出会います。
    この東由多加という人がまた激烈な人で、1升瓶を手に演劇指導するわ、全裸でカラスの真似をさせるわで完全に振り切れています。
    柳美里は、東由多加と破局、復縁を繰り返しながら同居生活を送ります。
    そのうち柳美里は長男を出産しますが、この子は東由多加との子ではないのだそう。
    保守的な人なら眉をひそめるかもしれません。
    ちなみに東由多加は、若くしてがんで亡くなっています。
    柳美里は戯曲で注目され、小説家デビューし、芥川賞まで受賞しますが、訴訟を起こされたことで業界から一時干されるという不遇の時代を過ごしました。
    実は、これは別の本かネットで知ったのですが、柳美里は年収400万円にも満たない生活を送ってきたのだそう。
    芥川賞を受賞したのに正社員の平均年収も稼げない日本って何ちゅう国じゃっ! と私は内心腹を立てたものですが、本書を読むと、もっと貧乏していたらしいです。
    夕食を食べるお金もなくて、身の回りの物を売り払って何とか凌いだというのですからイヤハヤ何とも(繰り返しますが、芥川賞受賞後ですよっ)。
    東日本大震災後に南相馬市に移住し、現在は長男とパートナーの「ムラカミくん」と3人で生活しています。
    若い頃は自殺未遂を何度も繰り返すなど衝撃的な話がいくつも出てきますが、上記に紹介しただけでも、柳美里がいかに波瀾万丈な半生を送って来たかが分かっていただけるでしょう。
    自分は、とてもこんな風には生きられません。
    ただ、柳美里の言葉には強い説得力があり、何度も頷きながら読みました。
    特に、次の言葉には、大いに共感しました。
    「『余生』や『老後』という言葉にも違和感がある。
    ここまでが『生』『命』で、ここからは『余り』という考え方には賛同できないし、定年退職をした途端に老いて、『老後』に入るというのもおかしい。
    人間は、死ぬまで生きているのです。」
    思い出しました。
    柳美里の「オンエア」を読もう読もうと思って未読だったんです。
    いずれにしても、稀有な作家ですね。

  • レビュー省略

  • 2017年、30冊目です。

  • 転居の理由のひとつが「共苦」。これはその土地に行かなければできないことでした。子どもは、すでに高校生になり、卒業後の進路は自分で選択するのだし、息子ひとりで相馬を出ていっても良いと考えている。最後は自分ができることを即断していったのだと思います。また、もとの住まいであった土地は、海に近く、土地勘のない観光客が多く、路地や道路はいつも混雑しており、大地震のときは、たいへんな困難を伴うはずであるが、対策が十分でないと感じたようです。

  • タイトルだけ見て、面白そうと思って借りてみた。
    「自己啓発系」ではなく、著者の人生を振り返る内容だった。エッセイと思ったほうがいいかも(編集者・ライターの前で「人生」を語り、ライターに構成してもらったものをたたき台にして書き直した)。刺激的なタイトルは、もともと編集者が提案したのだそうだ。

    実は著者の小説は読んだことがない。昔、新聞に連載のエッセイが何となく好きだったことを読みながら思い出した。

    繊細で、今にも壊れそうなはかない生き方・文章のようで、実は中身はどっしりしている。不思議なバランスが面白い。

    東日本大震災を機に南相馬市に移り住み、今もコミュニティFMで住民の話を聞き続けている(しかも無償)、というエピソードは、生き方や人との関わり方について大切なことを教えてもらった。

    著者なりの「人生に必要なもの」と「いらないもの」は、そのまま私に役に立つ情報ではないが、どこを大切に考えたらいいのか、という“勘どころ”は学べた気がする。

全5件中 1 - 5件を表示

柳美里の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
最相 葉月
宮下 奈都
佐々木 圭一
中村 文則
恩田 陸
内田樹
パオロ・マッツァ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)はこんな本です

人生にはやらなくていいことがある (ベスト新書)のKindle版

ツイートする