特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集

  • 74人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (7)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 村上龍
  • ベストセラーズ (2007年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584130292

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女性は、食べる脳とセックスの脳が近いところにあるという…
    恋愛をすると痩せる人がいるのは、恋をしていると後者が刺激され、いっしょに満腹中枢も勘違いするからであって、擬似的だがまさに「おなかいっぱい」になるかららしい。
    この小説もおなかいっぱいになったかと言うと、どちらかと言えばおなかが空いたのが本音ですが、「食べること」がメタファーとして上手く活かされている。

    登場人物が音楽を聴いたり、物を食べたりと、映像のように広がりのあるシーンの中、読んでいるわたしの関心に合わせてフォーカス出来るところが、読書の面白みだと改めて思った。
    作家が読者の思いを導いていくように、巧い編集が出来ンものか。
    それにしても、カキがとにかく美味そうだ。

  • すごい料理は、時として、女の肌や、セックスを思い起こさせる。



    村上龍 料理&官能小説集。
    所謂ショートショート型短編集。
    ブロードウェイの娼婦のような骨付き仔牛のカツ、情欲にまみれたキスのような生牡蠣、濃厚なセックスのようなパスタのパエーリャ…

    すごい料理は、口の中で舌を犯し、食道から胃へ、そして脳髄を侵食する。
    情熱的で、官能的で、
    そんな料理から生まれる物語や、そんな料理に行き着く物語を集めている。

    村上龍の味覚やセックスの描写は的確だ。
    生々しく、それでいて嫌味なくその快感が伝わってくる。
    そういった、甘美な情景に「気軽に」浸りたいときにはこの本を手に取ろうと思う。


    ただ、読みごたえのある彼の作品が好きな私としては、
    この短編集を読むと妙な飢餓感に襲われる。

  •  あらゆる欲望が刺激されるはなし

  • 久しぶりの村上龍。

    様々な「特権的」な料理を介した
    村上龍らしい、厳しくて官能的なショートストーリー達。

    ちゃんとした、おいしいものを、
    ちゃんとした大人として食べたいなぁ・・と
    きりっとするような、でも怠惰な感じ。

    私はこの感じは好き。

  • 図書館で借りた本

  • 短編集。
    なんか読みすすめられなくて断念。
    3つくらいまでは読んだ。
    2009/7/10

  • おいしそうでない。

  • 20080425読了!

    大人になると舌が変わるっていいます。
    じっさい、わたしはあれだけ苦手だったピーマンやししとうが今では大好物になったし。

    で、美食話だからこういう話をしているのではなくて、わたしはかつて、村上龍が苦手でした。
    苦手、というより嫌悪にちかかったかもしれない。
    若い時のけっぺきさゆえか、時折あまりにもグロい表現で性をあらわす部分がうけいれがたく。

    しかし、久々に手にとってみたところ、まあおどろくほどするすると文章が体のなかにはいってゆく。
    うん、この人の文章は、読み解く、というより体感する、っていうのがちかい。
    場所も時間も人種もちがえた物語たち。
    それぞれの主人公たちは、いろいろなところで美味しいものを味わい、ときにエロティックな瞬間を迎えたり。
    そうすると、食事の匂い土地の匂い、夜の匂いがわたしの中からたちのぼってきて、さながら自分が体験しているかのようにリアルにかんじる。

    侵食される、みたいな感じ・・・ああ、若い時はそういうのがいやだったんだなあ。
    自分を保てなそうで怖かったんだとおもう。
    いまはもう平気。だってたいそう、おとなだもの。


    この短編集は、装いが感じいい。一編ごとに紙の色が違う。黄色と白が交互に来る。
    それが、妙なトリップ感を生み出して、この物語たちのムードをたかめてる。

    再編だった、ということで龍ファンの人たちはちょっとだけ肩透かしをくらっているみたいですが、
    ほぼ手をつけてこなかったわたしとしては1,2話程度しか読んでなかったのでおっけ。

    このひとにかぎっては、長編はまだ避けておきたいところ。
    短編を集中的によんでみようか、という気になった。

    ていうか。なげーよw
    書評じゃなくてごめんなさい。

  • 村上龍の食事シーンは背徳的。これはこれで悪くない。

  • 料理&官能小説。と表紙にあり。そこまで官能ではなかったなあとの印象。やたらワインとパスタが食べたくなった。他のどんな、逆立ちしても一生食べられなさそうな料理よりも、ワインとパスタ。スッキリした白ワインとオイルたっぷりのパスタ。美食家の道は遠かれど、好きな人たちと笑いあいながら食事をする。それだけでもう充分官能的ですよね、龍さん。それに勝る贅沢な卓は、ないでしょ?まだ子どもだから、ここに描かれた事柄、少し理解しがたくもあったけれど。

全12件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集を本棚に「積読」で登録しているひと

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集の作品紹介

おいしいものは開かれている。だが、すごい料理は、秘密を強制してくる。極上のワインと料理が呼び醒ます男と女の狂おしい官能の物語17篇。

特権的情人美食 村上龍料理&官能小説集はこんな本です

ツイートする