ナチスの亡霊

  • 13人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • ベストセラーズ (2014年4月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584135648

ナチスの亡霊の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ナチスが掲げていた優生学・優生思想とはどんなものか。
    それが現在においてどのように扱われているかが綴られた一冊。
    話の筋は通るのですが、陰謀論の色が濃いので易々とは納得はできません。
    ナチスドイツ人が、南米・アメリカ等に戦中戦後に亡命したことは真実でしょう。
    しかし、現代に至るまで影響を及ぼせるほどの力が、彼らに本当にあるかと疑問に思います。

  • 優生学にはある種、魔力めいた魅力がある。冷静に考えれば、狂気そのものであるが。
    優生学を考えるとき、重要なのは学問としての優生学と思想(宗教)としての優生学をきちんと区別しなければならないこと。
    優生学においてもっとも重要なのは、何をもって優秀とするか、その価値基準にある。
    優生学は科学ではない、神殺しの人類最後の宗教である。

全2件中 1 - 2件を表示

ベンジャミン・フルフォードの作品

ナチスの亡霊の作品紹介

ナチスは生きている。「まさか」と思うだろう。第2次世界大戦後、世界は忌まわしいあのナチスを地上から葬り去ることで再出発を果たしたのではないか。そう考えている人がほとんどではないだろうか。違うのである。ナチスは生き永らえさせられた。しかも、意図的に。それは、いまも、亡霊のようにたゆたい、私たちの社会の薄暗い隅々のあちこちに、狂気に痴れたおぞましい素顔を覗かれている。いつかあなたの命をも奪うという、確固たる信念を抱いて-。

ナチスの亡霊はこんな本です

ツイートする