世界で一番恐ろしい闇の世界史

  • 16人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 桐生操
  • ベストセラーズ (2006年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584165775

世界で一番恐ろしい闇の世界史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雑学本です(笑)

    以前に出たハードカバーの本を改題してコンビニの500円文庫にしたモノです。

    著者の桐生氏はアレですね、一昔…二昔近く?前に「本当は怖いグリム童話」でブレイクした方ですね(笑)本職はコッチのゴシップ世界史だったと思います。

    ワタシは世界史が大好きだったので、学生時代には良く、氏の世界史雑学本を買い漁って読んでました。懐かしいなぁ…(笑)

    内容は、切り裂きジャックの犯人に迫る!とか、ケネディ暗殺の黒幕とは!とか、そんなカンジです。氏のこの手の著作には必ず登場するジルドレイさんやサンジェルマン伯爵のネタも勿論出てきます(笑)大好きなんだろうなぁ…(笑)

    ネタとしては昔の本の焼き直しって事もあって、この手の本を過去に読んでいる人には目新しいモノはあんまないです。でもサクっと読めて歴史に思いを馳せられるので楽しいです。

    あ、ヒトラーの性器の所見は初めて読んだわ(爆)俗説に言われてるような片タマじゃぁなかったそうですよ!オマケにちゃんと剥けてたそうですよ!(爆爆)

全2件中 1 - 2件を表示

桐生操の作品

世界で一番恐ろしい闇の世界史はこんな本です

ツイートする