疾走の志士 高杉晋作

  • 45人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (7)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 童門冬二
  • ベストセラーズ (2002年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584186817

疾走の志士 高杉晋作の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説かと思ったけどエピソード集みたいな感じでした。
    高杉が正しい!が前面過ぎた気がするけど
    高杉を中心に改めて幕末の流れみるかんじかな

  • おもしろきこともなき世をおもしろく

  • 無茶苦茶なことをするくせに、結局は一途に藩に仕える姿はすごいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

童門冬二の作品

疾走の志士 高杉晋作を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

疾走の志士 高杉晋作の作品紹介

高杉の「志」なくして明治維新はあり得なかった。-奇兵隊設立、功山寺挙兵、講和条約締結…幕末の動乱時代を雷電のごとく駆け抜けた人生。

疾走の志士 高杉晋作はこんな本です

ツイートする