猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)

  • 74人登録
  • 3.56評価
    • (4)
    • (10)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
  • ベストセラーズ (2006年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (93ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584189665

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 心象(いめーぢ)写真と名のつくとおり、写真がとても印象的でした。ともすれば、想像の世界の妨げになるかな?という思いは杞憂でした。
    方向感覚を失くし、普段歩き慣れた道で迷子のような心持ちに陥る経験、私にもあります。
    加えて音を失った、白昼夢のような空気感がとても好ましかったです。
    白状すると萩原朔太郎は嫌いで、猫よりダンゼン犬派なのですがσ(^-^;).、身近にある異界成分は大好物。大好きな作品になりました。
    以前、金井田英津子さんの版画本で読んだ時とは内容が違うような…端折られているのかな、もっと女の人の家に押しかけたりする場面があったと思うのですが…何か別の作品と混同してる?要チェックです(^^;;
    もしかして、これも朔太郎マジックかしら?
    解説はお孫さんの萩原朔美さん。

  • 荻原朔太郎の『猫町』に心象(イメージ)写真を割り当てた本作。
    谷中の路地を想像させる、少し懐かしさ漂う町中。狭い道を右へ左へ歩いていく。方向感覚なんてすっかり無くなり、まるで見知らぬ土地へやってきたような夢幻。
    知っている道に出たいのに、どこか心地良さも感じる。そう思いながらも歩を進めると、ますます幻燈のなかへ迷い込んでいく―。

    写真はひたすら猫猫猫。題名の通り猫しかいない町なのではという錯覚と、自分もまるで猫になったような感覚に陥ります。低い視点、路地の隅を分け入って歩く様、ふと振り返る仕草など、気付くと必死に猫の後ろ姿を追いかけている自分がいました。
    もともと夕暮れ時か夜のイメージを持っていましたが、この作品に出てくるような明るい時間もまた白昼夢を見ているようで物語の印象を壊しません。

  • 今まで、どうやって歩いていたのだろう。
    唐突に道を、失う。今まで来た道は?さっきあった、目印は?
    同じ景色の繰り返しに次第と方角は歪み、知らない景色へと足を踏み入れていた。
    彷徨ううちに時間は褪せ、行ったり来たり、行ったり来たり。

    不意に気付けば、漸く見知った道。

    道が分からない。目的地を失い、知らない場所へ向かい、遠回りしたのか近道を通ったのか、気付けば目的地。

    方向音痴の日常は、こんなきまぐれ猫に導かれる幻想体験です。

  • 萩原朔太郎の散文詩的短編小説「猫町」に、
    猫を中心とするイメージ写真を絡めたフォトブック。
    特定の、一つの「町」ではなく、
    全国各地で撮影された写真素材を組み合わせることで、
    現実の写しでありながら、
    どこにもない非現実の空間を表現している。
    ……猫は夢幻への案内者だが、責任感なぞは持ち合わせないので、
    ついて来た人間をプイと置き去りにして、
    姿を消してしまうのだ。

  • 懐かしの猫町。約10年ぶり、偶然の再会で手に取りました。

    イメージ写真、私はある方が好きです。

    目に見えるものと、自己が認識するものの違い。

    少しの気味悪さと、浮遊感。

  • 2011/11

  • 期待、そして猫は現れる。

  • 萩原朔太郎の作品『猫町』に、写真が挿入されることで視覚的な鮮明さが付加されたアレンジ作品。底本の『猫町』を読んだことがなかったのですが、普通に小説を読むのとはまた別の読み応えがありました。

    見知った町であっても、違う角度や違う道から入り込むと、初めて訪れた場所のように見えてしまう。上下反転、左右反転、天地反転の錯覚は、まるで猫のしなやかな動きに翻弄されているかのよう。

    作品そのものは非常に短く、一時間あれば読めてしまいます。が、写真を眺めていると時間がすぅっと過ぎてしまう。不思議な本に仕上がっています。

  • 【資料ID】98293
    【分類】913.6/H14

  • 猫写真に癒される。

全13件中 1 - 10件を表示

萩原朔太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
安部 公房
梨木 香歩
クラフト・エヴィ...
梶井 基次郎
冲方 丁
サン=テグジュペ...
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)に関連する談話室の質問

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)に関連するまとめ

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)を本棚に「積読」で登録しているひと

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)の作品紹介

これは人間の住む世界でなくて、猫ばかり住んでいる町ではないのか。日本文学史上最高の名作ファンタジーが心象写真付きで蘇る。

猫町 萩原朔太郎+心象(いめーぢ)写真 (image travel series 1)はこんな本です

ツイートする