女王たちのセックス

  • 30人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 高木 玲 
  • ベストセラーズ (2007年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584189870

女王たちのセックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔の王妃については、色々あっても「そうだったのかな〜」と吸収出来るのだが、同じ時代のダイアナ妃については、記されている事をそのまま受け入れるのには色んな意味で抵抗がある。

    ロイヤル・ファミリーとしての生活にらは、凡人の想像を超える大変さ、複雑さがあり、それによって、人間にとって非常に弱い部分の性癖・性向に歪みが生じるというのは理解出来る。

    読了後、内容からして、脂っこいもの食べた後の消化不良感が残る。

  • 女王の寵臣についてと正妃の姦通について。『王たちのセックス』と重複するエピソードも少し。でもやはり両方読んだ方が面白いと思った。

  • うーーーん
    もっと深い歴史について書かれていると思ったんだけど
    これくらいの情事なら
    本よまなくてもわかってるよ〜みたいなwww

  • 『王たちのセックス』でもそうだったけど、やっぱり歴史の主人公は女性。王たちの多くが政治より性だったのに対し、女王たちの多くは政治と性が相乗効果を起こしている。■メインはロシアの女帝エカテリーナ。女王の絶対数が少ないためか、登場人物も少なめ。

全5件中 1 - 5件を表示

エレノア・ハーマンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ニック ヤップ
マルクスアウレー...
ロバート・ジェラ...
マーク・ピーター...
リチャード・ドー...
ヴィクトール・E...
バーゴ・パートリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

女王たちのセックスに関連するまとめ

女王たちのセックスはこんな本です

ツイートする