世界史迷宮のミステリー―闇に葬られた怪事件をあばく! (ワニ文庫)

  • 21人登録
  • 3.09評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 桐生操
  • ベストセラーズ (1991年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784584302798

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

世界史迷宮のミステリー―闇に葬られた怪事件をあばく! (ワニ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 私はこの手のタイトルに弱い(笑) のですが、よく言えばそれぞれの話が短くて読みやすい、悪く言えば浅い。「怪事件をあばく」とかいう副題がついてますが、全然暴いてませんし。とりあえず、有名どこの話が多いので雑学として読むにはいいかも。

  • ナポレオンの不審な病死、死んだはずのロシア皇女アナスタシアが生きていた!? ヒトラーの死体はどこへ消えたか? ケネディ暗殺の恐るべき陰謀とは!?……今まで真実を隠されたまま、世界史の闇に葬り去られた22の怪事件。そのアッと驚く意外な真相を、最新の資料や情報に基づいて、大胆に推理していく。これを読んだら、あなたの歴史観が大きく変わってしまうかもしれない。さあ、迷宮の不思議の世界へようこそ!(背表紙文より)

    必ずしも真実ではないかもしれないが、事実がしっかりと書かれており、真実に限りなく近い書き方をしているため、非常に読みやすく。なるほど、と思ってしまう箇所も多々ある

    だがしかし、勘違いしてほしくないのは、あくまでもこれは事実からの説であり、本当の事かどうかはわからない

    そこからは興味を持った読者が自分で調べる、これで完結するかもしれない、と思ってもらうととても面白い一冊である

  • 平成7.11.25 1版 480
    永遠なる謎に包まれ、底なしの闇に封印された迷宮事件の戦慄――陰謀、殺戮、狂気、乱倫……など、果てしなき禁断の欲望に操られ、黒い醜聞が蠢く、世界を震撼させた怪事件の真相を抉る。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする