ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)

  • 13人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 清水澄子
  • 勉誠出版 (2002年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585103660

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清水澄子の詩や短歌はどれも美しい。
    いま倒れゆくかのように儚げだ。

    文学だけが逃げ込める場であったという。
    いや、彼女の早熟な能力ゆえに、文学の世界のほうが引き寄せられ、彼女を連れ去ってしまったのではないか。

    寂しいと書けば書くほど、より強い寂しさに堕ちていく。
    彼女が望んだ永遠の世界は、彼女を癒すものだったのだろうか。

  • 寂寥感と不安に苛まれ、自らを「劣等な人間」と思い、プラトンのイデアの境を信じ、この世を1つ超えた世界にある永遠の世界に住む事を選択し、大正14年15歳で鉄道自殺した少女の随想、小説、戯曲、日記に語りかける体裁の日記、詩、短歌を収めた遺稿集。どの作品にも「寂しい」という語が頻出する。コスモスを愛で、少女の心の様な色、落ち着いた色という紫色を愛し、「悲しみの去るにあらねど何とのう物書く時はこころなぐさむ」という短歌に見る様に書物を愛した少女の囁きが詰まっている。

全2件中 1 - 2件を表示

清水澄子の作品

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)に関連する談話室の質問

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)を本棚に登録しているひと

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)の作品紹介

理想と現実の相剋に苦悩し、孤独のなかに永遠の世界を求め飛翔したひとりの少女・清水澄子。信州・上田が生んだ夭折の文学少女、その短篇小説・戯曲・随想・詩・短歌を収録。青春の寂しさと悲しさをあますところなく伝える名作。

ささやき (べんせいライブラリー青春文芸セレクション)はこんな本です

ツイートする