政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史

  • 19人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 木下厚
  • 勉誠出版 (2014年12月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (784ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585221036

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シャーウィン裕子
北野 武
有効な右矢印 無効な右矢印

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史の感想・レビュー・書評

  • 政治家と言えども聖人君子ではない。それは分かっている。分かって
    いるけど、失言・放言が多過ぎるわっ。

    戦後の東久邇宮内閣から平成25年の菅内閣までの、政府与党の
    政治家の問題発言の集大成である本書を読んでいると、品性・
    知性・教養・品格に欠けてなけりゃ政治家に向いてないのかと
    も思ってしまうわ。

    それも時代が現在に近づくにつれ、品性下劣になっているように
    感じるわ。特に女性蔑視やら、公害被害者に対する発言の酷い
    ことったらありゃしない。

    揃いも揃って釈明やら訂正やらしているけどさ、ぽろっと言って
    しまうことほど本音だよね。人種差別に繋がることを、さらっと
    言ってしまうんだから。

    それにしても自民党のセンセイたちは昔っから憲法改正をした
    くてしょうがないんだな。アメリカに押し付けられた憲法だって
    論調のなんと多いことか。

    日本国憲法がアメリカからの押し付け憲法だって言うんなら、
    自衛隊も、日米安保条約も、日米地位協定も、在日アメリカ軍
    基地も、アメリカから押し付けられたものですけどね。そこには
    触れないのねぇ。

    本書には「これは的を射ているだろう」って発言も集録されている。

    問題発言の多い田中真紀子氏が小渕首相急死後に言った
    「裏でコソコソ閣僚ポスト争いをしている人はガレージセールで
    一掃すべきだ」なんて気持ちいいじゃない。

    また、大平首相亡きあとに首相に押された伊東正義氏の「本の
    中身が変わらず、表紙だけ替えてもダメだ」とかね。

    青島幸男氏の「あなた方は中曽根さんの言いなりだ。全員、
    腰抜けだ!」も爽快だわ。

    お気の毒なのは民主党政権下でどうしたことか防衛相になって
    しまった田中直紀氏の発言。これは本書に採録すべき発言
    だったのかな。

    特にゲル閣下・石破茂氏相手の答弁なんて、単なるいじめにしか
    見えなかったもの。まぁ、大臣が子供みたいな答弁じゃ困るのだ
    けれど、政界きっての軍事オタクでは相手が悪かったよね。
    政治家にしてはお人柄はよさそうだけど、直紀さん。

    本書は700ページ超。もうお腹いっぱいと言うより、胸焼けしそう
    な読後感である。

    尚、タイトルは「日教組には頭のおかしな先生がいっぱいる」と
    の渡辺美智雄氏の言葉をお借りした。

  • 途中で飽きる、政治家はバカな癖に、その発言の影響力は大きなことに哀しくなる

全3件中 1 - 3件を表示

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史を本棚に「積読」で登録しているひと

政治家失言・放言大全 問題発言の戦後史はこんな本です

ツイートする