増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界

  • 11人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 湯沢質幸
  • 勉誠出版 (2010年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784585280026

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「古代、奈良時代から平安初期まで、日本人はどのように外国語と付き合っていたのか」中国だけじゃない、新羅や渤海、色々な国と交流があっても渡来人もいるし中国から漢文も来ているし、まぁ似た言葉だったんじゃない?(んなわけない)なんて漠然と思ってきたけど、中国語を共通言語として話してきたというのに当たり前だけどはっとした感じです。しかも呉音や漢音、唐音とか日本にはない「音」があり、読むのと話すのは違うんだよね…。言葉の変化、苦労の歴史だけでなく、雑学としても興味深い一冊でした。

全1件中 1 - 1件を表示

湯沢質幸の作品

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界を本棚に登録しているひと

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界を本棚に「読みたい」で登録しているひと

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界を本棚に「積読」で登録しているひと

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界の作品紹介

古代日本人は、東アジアの人々とどのような言語で交流していたのか?漢字・漢語との出会い、中国語をめぐる日本の学問のあり方新羅・渤海など周辺諸国との交流、円仁ら入唐僧の語学力など古代日本における異国言語との格闘の歴史を明らかにする。『言語』から考える東アジア文化交流史。

増補改訂 古代日本人と外国語 東アジア異文化交流の言語世界はこんな本です

ツイートする