小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引き

  • 167人登録
  • 3.93評価
    • (12)
    • (33)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 木山泰嗣
  • 法学書院 (2008年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784587037604

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 92ページ
     特に不法行為があった事情も伺えなかったため
      ◆伺え→窺え

    128ページ
     勉強しわたね。そのとおりよ。
      ◆しわたね→したわね

    206ページ
     佐伯君がもともと買おう思っていた時計は、十三万五千円の型の方なのよね。
      ◆買おう思っていた→買おうと思っていた

  • タイトルは中途半端で良い印象がもてなかったが、大変わかりやすく、何よりおもしろかった。
    民訴=眠素というぐらい、学生にはおもしろくない分野らしいのだが、この本のおかげで非常に興味が持てた。
    ただ、著者も書いている通り、イメージを持つのには適しているが、内容を深く理解して覚えるということには向かない。
    あと、どうでもよいことだが、仁美先生や佐伯君がボケたときに突っ込む「どてっ」というセリフは完全な時代錯誤だ。
    著者のギャグセンスのなさが伺える(笑)

  • 2015/10読了。

  • 民事訴訟法をかじったことのある人が読むと、難解な内容が整理されて少し理解できた気になれる本。

  • 民訴を忘れかけていたので再読。実例を交えた内容は民訴入門書として実に分かり易く、難しい用語も具体的に頭に入ってきます。これは名著だと思います。続編の方は未読なのでぜひ読んでみたいと思います。

  • 民事訴訟法の内容を小説形式で順序よく学ぶ。

    法廷で実際の事件を扱いながら、その際に必要となる
    民事訴訟法の知識を少しずつ学べるので、空疎な
    手続法のイメージをつかみやすい。

    ただ、小説と題しているが、「小説風」だと
    思った方がいい。小説を読みなれている人だと
    あまりの陳腐な表現に苦笑してしまうだろう。

  • 台詞の書き方が文章ルールにはずれている箇所がいくつかあったり、ディティールで気になるところはあるけれど、民事訴訟の基礎を具体例から学ぶというコンセプトは見事に成功していると思う。売れているだけはある。
    ちなみに、どうでもいいけど、主人公は社会人としてやっていけないタイプに思えて仕方が無かった。

  • 訴訟法を初めて勉強する人にはお勧め!!

  • ノベル形式ですすんでいく民事訴訟法の本。

    民事訴訟法は本書で指摘されている通り、本を読むだけでは実態をつかみにくく、結果わかりにくいといった印象を多くの人にあたえている科目である。
    よって、民事訴訟の生の現場をノベル形式で再現し、制度そのものを理解させようという本書の試みは、民事訴訟法の理解をふかめる上で大変にありがたい。

    もっとも、おそらく初学者を対象にしている本書だが、本当の初学者がこれを読んで理解できるかというのは疑問がある。
    おそらく民事訴訟法に一度ふれたことがある程度のレベルが本書の読者としてふさわしく、その点で、初学者にも中級者にとっても、中途半端な位置づけではないかと思われる。
    また、せっかくのノベル形式をとっているのに、3分の1以上が語句、概念の解説にあてられているのが残念。
    もう少し訴訟の進行に着目してほしかった。

  • 小説としてはこなれていないが、民事訴訟について素人なりに概略理解できた。

全22件中 1 - 10件を表示

木山泰嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
櫻井 敬子
デール カーネギ...
藤田 広美
芦部 信喜
芦部 信喜
藤田 広美
有効な右矢印 無効な右矢印

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引きを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引きを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説で読む民事訴訟法―基礎からわかる民事訴訟法の手引きはこんな本です

ツイートする