イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)

  • 21人登録
  • 3.86評価
    • (0)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Leila Ahmed  林 正雄  本合 陽  森野 和弥  岡 真理  熊谷 滋子 
  • 法政大学出版局 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588006708

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    中東ムスリム社会においてジェンダーの観念が形成される経緯を、先行する社会や隣接社会、および西欧による植民地支配との関連において歴史的に解明する。
    ヴェールに包まれたイスラーム社会の女性の歴史を、アラブ人自身が平易に語る。

    [ 目次 ]
    第1部 イスラーム以前の中東(メソポタミア;地中海地域の中東世界)
    第2部 基礎となる言説(女性とイスラームの勃興;過渡期;入念な言説構築;中世イスラーム)
    第3部 新たな言説(社会的変化と知的変化;ヴェールに関する言説;最初のフェミニスト;さまざまの声;未来に向けての闘い)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  •  イスラーム女性の差別で参照したけれど、論文には使えなかった本。
    けど、読んでてイスラームにおける女性観の歴史とか掘り下げて丁寧に見て行ってるので、面白かった。

  • 多くのイスラムに関する論文で参考にされている本

    超欲しい、けど高くて買うのを躊躇してしまい、決心が付かぬまま数ヶ月が経過

    金銭的に余裕が出来たら、購入します。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アーザル ナフィ...
ヴィクトール・E...
内澤 旬子
有効な右矢印 無効な右矢印

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「積読」で登録しているひと

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

中東ムスリム社会においてジェンダーの観念が形成される経緯を先行する社会や隣接社会および西欧による植民地支配との関連において歴史的に解明するアラブ女性史。

イスラームにおける女性とジェンダー―近代論争の歴史的根源 (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする