ポール・ド・マン―脱構築と美学イデオロギー批判 (叢書・ウニベルシタス)

  • 16人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Christopher Norris  時実 早苗 
  • 法政大学出版局 (2004年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588007903

ポール・ド・マン―脱構築と美学イデオロギー批判 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  脱構築は、単一の全体性と仮定されるものの内部の、隠された文節や断片化の存在を明らかにすることを目的とするので、自然は自己脱構築的な語であることがわかる……同質な存在様式の外延を示すことからはほど遠く、「自然」はそれ自身の虚偽の再全体化によってさらに倍加された脱構築の過程を内包する。

全1件中 1 - 1件を表示

クリストファー・ノリスの作品

ポール・ド・マン―脱構築と美学イデオロギー批判 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポール・ド・マン―脱構築と美学イデオロギー批判 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポール・ド・マン―脱構築と美学イデオロギー批判 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

一貫した美学イデオロギー批判をド・マンの中心的命題としてとらえ,その方法の核をなす「修辞的精読の主張」を読み取りつつド・マンの今日的な意義を再評価する。

ツイートする