狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Nicolas Abraham  Maria Torok  港道 隆  前田 悠希  森 茂起  宮川 貴美子 
  • 法政大学出版局 (2006年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588008504

狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

  • 狼男の精神分析本かと思って借りたん‥‥

    狼男って言うのはなんかその対象患者の自称っぽい。
    なんかロシア人なんだけど英語とかフランス語とかドイツ語とかの単語の響きとかも検討して、変な物語みたいのを全部、埋葬語法っていう、翻訳していくっていう、フロイトが当時革命的な試みをした、そうです。

    しかしまああれだな、とにかく児童虐待において性虐待はやはり特に許し難い、という気になります。心の歪み方が半端ない‥‥。

    取り扱うのが他国の言語っていうのもあるから大変なのは同情するけど訳がくそ読みにくい。

全1件中 1 - 1件を表示

狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

フロイトの精神分析に「裂け目」をもたらした「狼男」の症例を解釈し直した革命的作品。狼男の心的世界,自我の「地下埋葬室」に隠された「タブー語」を読み解く。

狼男の言語標本―埋葬語法の精神分析/付・デリダ序文“Fors” (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする