ポール・ヴァレリー 1871‐1945 (叢書・ウニベルシタス)

  • 10人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Denis Bertholet  松田 浩則 
  • 法政大学出版局 (2008年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (794ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588009020

ポール・ヴァレリー 1871‐1945 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ポール・ヴァレリー 1871‐1945 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

世紀末の象徴派詩人から、危機の時代の文明批評家へ。ことばの魔(デーモン)の化身たるポール・ヴァレリーは、いかに20世紀フランスで最も名高き文学的偶像となったのか。故郷南仏での知的覚醒から、パリ文学界での交友関係、女性たちとの情愛遍歴、国際情勢への参与をふくめ、精神の詩人の生身の全体像を初めて詳細に描き出した決定版評伝。邦訳版オリジナルとして、詳細な人名解説・口絵を付す。

ポール・ヴァレリー 1871‐1945 (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする