ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Ernst M¨uller  エルンスト ミュラー  石丸 昭二 
  • 法政大学出版局 (2012年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (483ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588009761

ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

  • 13世紀の終わりに書かれたゾーハルの翻訳。ゾーハルは聖書とタルムードと並ぶカバラーの聖典とされ、元々はアラム語で書かれ、それをミュラーがドイツ語に編訳したものが、本書で和訳された。

    叙述は体系的なスタイルを取らず、ユダヤの伝統的な説教方式で書かれているため、現代日本人には少しとっつきにくい。その内容も、聖書の詩句を神秘主義的に解釈しながら語り手の思想を展開していくので、こうした世界に慣れてない人間が読むと、数ページで読んだだけで頭の整理が難しくなってくる。そもそも、聖書の詩句自体が一般の日本人にはなじみがないし、その引用された詩句もかなり恣意的に選ばれたようにしか見えないため、とっつきにくいことこの上ない本とも言えるのだが、なんでもない詩句に次々と思いもよらない「意味」を見出して説く文章は、ある程度聖書になじみがある神秘主義者にとっては非常に有益なものだと思われる。

    この板の人間は、とりあえず手にとってパラパラ眺めてみて、目に飛び込んできたピンとくる語句の周辺を読んでみるのがいいんじゃないかと思う。普通の本のように前から読み進めてしまうとまず挫折するし、逆に途中から読んでも前に書かれていることが前提になっていない、ある意味辞書に似た編集の本なので

  • M・メイザーズのよりはちょっとはわかりやすかった。

  • 怪しいモノが好きなだけです。

    法政大学出版局のPR
    「一千年以上にわたる民族離散の歴史を背景に、13世紀スペインに出現した作者未詳の伝承テクスト『ゾーハル』(光輝の書)。ユダヤ神秘主義において聖書やタルムードと同列に置かれ、後世のメシアニズムに深い影響をもたらしたこの聖書解釈の聖典を、作家ミュラーによるヘブライ語(アラム語)原典からのドイツ語抄訳に基づいて初めて邦訳。その貴重な解説「ゾーハルとその教義」も併録。」

全3件中 1 - 3件を表示

ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

一千年以上にわたる民族離散の歴史を背景に、13世紀スペインに出現した作者未詳の伝承テクスト『ゾーハル』(光輝の書)。ユダヤ神秘主義において聖書やタルムードと同列に置かれ、後世のメシアニズムに深い影響をもたらしたこの聖書解釈の聖典を、作家ミュラーによるヘブライ語(アラム語)原典からのドイツ語抄訳に基づいて初めて邦訳。その貴重な解説「ゾーハルとその教義」も併録。

ゾーハル―カバラーの聖典 (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする