創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Fr´ed´eric Gros  澤田 直  黒川 学 
  • 法政大学出版局 (2014年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588010156

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:493.71//G88

全1件中 1 - 1件を表示

フレデリック・グロの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に登録しているひと

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「積読」で登録しているひと

創造と狂気: 精神病理学的判断の歴史 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

ミシェル・フーコーの「講義録」の校訂編集などでも知られる哲学者が提示する、新たな《狂気の歴史》。芸術、とりわけ〈書くこと=エクリチュール〉と、狂気の関係は創造においてどのように問われてきたのか。本書は、フーコーの「作品の不在」という概念に応答しつつ、精神医学の文献という明確に限定された資料体の研究によって、芸術と狂気との総合が問題となる歴史と、それが文化的事象となる瞬間を記述する。

ツイートする