戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)

  • 22人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Roger Caillois  秋枝 茂夫 
  • 法政大学出版局 (1974年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588020520

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)の感想・レビュー・書評

  • フランスの社会学者カイヨワの代表的著作の一つ。「戦争」についての原理的理解には不可欠。

  • 2009/10/31神田古本まつりで購入

    第一部:戦争と国家の発達
    第一章 戦争の原形態と個規模戦争
    第二章 古代中国の戦争法
    第三章 鉄砲 歩兵 民主主義
    第四章 イポリット・ド・ギベールと共和国戦争の観念
    第五章 国民戦争の到来
    第六章 ジャン・ジョレスと社会主義的軍隊の理念

    第二部:戦争の眩暈
    第一章 近代戦争の諸条件
    第二章 戦争の予言者たち
    第三章 全体戦争
    第四章 戦争への信仰
    第五章 戦争 国民の宿命
    第六章 無秩序への回帰
    第七章 社会が沸点に達するとき

全2件中 1 - 2件を表示

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)の作品紹介

ユネスコ国際平和文学賞受賞 戦争の理論を国家の発達との関連から追究。精神の奥底に潜む戦争礼賛の信仰を探り,この根元的諸力からの人間回復は何かを提示する。

戦争論―われわれの内にひそむ女神ベローナ (りぶらりあ選書)はこんな本です

ツイートする