解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)

  • 22人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Steve De Shazer  長谷川 啓三 
  • 法政大学出版局 (2000年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (409ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588022043

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第一部はちょっと難解な印象あり。スケーリング(尺度)・クエスチョンとミラクル・クエスチョンの実例が愉快(^^)

全1件中 1 - 1件を表示

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)を本棚に登録しているひと

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)の作品紹介

心理療法理論を哲学と心理学の概念から説き,問題〈解決〉のための具体的な治療(会話)を展開。言葉の魔術的な力が明らかにされ我々を最先端の心理療法へと導く。

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)はこんな本です

解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)のハードカバー

ツイートする