母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)

  • 12人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Christiane Olivier  大谷 尚文  柏 昌明 
  • 法政大学出版局 (2003年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588022135

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 請求番号:146.1/Oli
    資料ID:50031594
    配架場所:開架2階東館

    【感想文 by Y.I】
    母親は、娘を育てることで、自分の人生をやり直そうとする。そのため最良の道だけを提示する。子は母親に嫌われまいと、言われた通り、お行儀よくする。私自身、自分を押し殺し、いい子を演じていると思うことがある。したがってこの本を読んでいると、息苦しさやどう振る舞えばいいのかなど、共感するところが多かった。
    また父親がどうあるべきかも記されているので、女性だけでなく男性にも目を通してもらいたいと思う一冊である。

全1件中 1 - 1件を表示

クリスティアーヌ・オリヴィエの作品

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)を本棚に登録しているひと

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)を本棚に「積読」で登録しているひと

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)の作品紹介

女性が人生のさまざまな岐路で直面する諸問題を母 - 娘関係に隠された無意識の分析を通して読み解き,その実践的解決法を示しつつ女の一生を女性の言葉で語る試み。

母と娘の精神分析―イヴの娘たち (りぶらりあ選書)はこんな本です

ツイートする