裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)

  • 19人登録
  • 2.80評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : Hans Peter Duerr  藤代 幸一  三谷 尚子 
  • 法政大学出版局 (2006年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (564ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588099076

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    裸体や性、排泄にかかわるはじらいの民族学、人類学。
    羞恥を文明化の成果とする近代の西欧の傲慢を正す。

    [ 目次 ]
    古代ギリシアの裸の英雄
    裸の騎士、あるいは“私は切にお願いしなければなりません…”
    中世の浴場
    中世の野外浴場
    ローマ人、初期キリスト教徒、ユダヤ人、回教徒の入浴
    近代の水浴び
    日本、ロシア、スカンジナヴィアにおける裸
    ぶしつけな視線
    ヌーディストの視線
    私的領域と幻の
    ベッドでの恥じらい
    幼児の性
    はばかりと便器
    自文化および異文化における排尿、排便、放屁
    召使い、奴隷、名誉なき人びとの面前での露出
    刑吏と魔女
    刑罰としての露出
    中世と肉体の露出
    中世の俳優と娼婦
    この世の楽園
    不能の証明と公開性交

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 『読書の軌跡』阿部謹也より

  • 古今東西の恥じらいについて、豊富な図版でくどいくらいに。

全5件中 1 - 5件を表示

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に登録しているひと

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)を本棚に「積読」で登録しているひと

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)の作品紹介

裸体や性,排泄にかかわる羞恥のありようを古今東西にわたってあまねく検証し,羞恥を《文明化》の産物とするエリアスの理論に真っ向から挑む。図版222点収録。

裸体とはじらいの文化史―文明化の過程の神話〈1〉 (叢書・ウニベルシタス)はこんな本です

ツイートする