他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 久米 博 
  • 法政大学出版局 (2010年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588099199

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)の感想・レビュー・書評

  • 言語行為論的研究を扱っている。人称について考えてみたい人は一読を。

  •  ポール・リクール初めて読んだが、文章がなかなか難解だった。「自己」なるものをめぐって思考が凝らされてゆく。最初は言語における「自己」「自己自身」等が分析されるが、当然ながらフランス語での話なので、フランス語の知識がない自分にはかなり理解が難しい。
     しかし苦労して読んでいくと、このスリリングな知的探究がおもしろくなってくる。
     ただし、最後の方、なぜか話題は「倫理」にうつってゆく。なぜそうなるのかよくわからなかった。先日読んだマイケル・サンデルの続きであるかのような錯覚に陥った。カントが道徳の根本的価値と断じた「自律」の概念をたどることによって、「自己」をめぐる本書のテーマに還ってくる点は理解できたが。
     ポール・リクールはもうちょっと著書を読んでみないと、立ち位置がよくわからないと感じた。

全2件中 1 - 2件を表示

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)に関連する談話室の質問

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)を本棚に登録しているひと

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)の作品紹介

これまで、解釈学的現象学の方法論によって、言語の創造性を探求してきたリクールの〈倫理への回帰〉を示す思索。ハイデガーやアーレントの発する〈誰が〉の問いに答えるべく〈自己の解釈学〉を三つの段階──分析を経由する反省、自己性と同一性の弁証法、自己性と他者性の弁証法によって構築し、自己の中心に他者が現前することを明らかにしつつ、著者独自の主体の哲学の再建を目指す。【哲学・思想】

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)はこんな本です

他者のような自己自身 (叢書・ウニベルシタス 530)の単行本

ツイートする