記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 伊藤守
  • 法政大学出版局 (2005年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588100055

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)を本棚に登録しているひと

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)の作品紹介

社会のコミュニケーション構造の暴力性が露わになる高度情報社会——その権力のテクノロジー,闘争としてのコミュニケーション,メディア文化の可能性などを問う。

記憶・暴力・システム―メディア文化の政治学 (思想・多島海シリーズ)はこんな本です

ツイートする