技術と時間1 エピメテウスの過失

  • 44人登録
  • 1.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : 石田 英敬  Bernard Stiegler  西 兼志 
  • 法政大学出版局 (2009年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588120725

技術と時間1 エピメテウスの過失の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

技術と時間1 エピメテウスの過失を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

技術と時間1 エピメテウスの過失を本棚に「積読」で登録しているひと

技術と時間1 エピメテウスの過失の作品紹介

従来、哲学は形而上学のみを学問として技術の問題は下位においてきた。しかし、著者は技術を抜きに人間や文明は存在しないとし、哲学の限界と行方を追う。資本主義は情報・メディア産業を通して人間の精神にいかなる影響を与えたのか。IT革命以後、人と技術のかかわりについて哲学の関心は高まり、スティグレールの技術哲学も注目を浴びている。

技術と時間1 エピメテウスの過失はこんな本です

ツイートする