動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)

  • 11人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 長沢武
  • 法政大学出版局 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588212413

動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本の動物がモチーフとしてどのような意味をもつのかが紹介されています。自分としては、この「ものと人間の文化史」シリーズには興味があります。

  • 日本人にとって古来から馴染みがある動物たちの民俗における扱いについての本。日本人って本当に何でも食べていたんだなあと思わされる……。

全2件中 1 - 2件を表示

長沢武の作品

動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

動物民俗〈1〉 (ものと人間の文化史)の作品紹介

神として崇められたクマやシカをはじめ,人間にとって不可欠の鳥獣や魚,さらには人間を脅かす動物など,多種多様な動物たちと交流してきた人々の暮らしの民俗誌。

ツイートする