ごぼう (ものと人間の文化史)

  • 13人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 冨岡典子
  • 法政大学出版局 (2015年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588217012

ごぼう (ものと人間の文化史)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:210.12//Mo35//170

全1件中 1 - 1件を表示

冨岡典子の作品

ごぼう (ものと人間の文化史)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ごぼう (ものと人間の文化史)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ごぼう (ものと人間の文化史)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ごぼう (ものと人間の文化史)を本棚に「積読」で登録しているひと

ごぼう (ものと人間の文化史)の作品紹介

ダイコンやカブと並び大陸から渡来した北方系野菜であるごぼうは、焼畑農耕で育てられ、わが国固有の蔬菜として発展した。各地の風土のなかで固有の品種が生まれ、独特の調理法が考案されて、和食に欠かせない食材として親しまれてきた。そのルーツを各地の神饌や祭り、儀礼に探り、わが国食文化に色濃く残る「稲作以前」の農耕文化の痕跡を浮き彫りにし、和食文化の源流に迫る。

ごぼう (ものと人間の文化史)はこんな本です

ツイートする