闇をひらく光―19世紀における照明の歴史

  • 12人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 小川 さくえ 
  • 法政大学出版局 (1988年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588276439

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史の感想・レビュー・書評

  • 昔読んだ渡辺裕『聴衆の誕生』でこの本が引用されており、ふと思い出したので「舞台」と「観客席の暗転」の章だけ読んでみた。客席の明かりを極力落とし、客が舞台に没頭することを要求した、当時としては過激な行動をとった作曲家がワーグナーだったというのが面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史の作品紹介

産業革命を頂点に,バロックから近代にいたる照明の文化史。時代の哲学と社会と技術を結び,バシュラールの〈管理された光〉の社会的側面をダイナミックに論じる。

闇をひらく光―19世紀における照明の歴史はこんな本です

ツイートする