ギフト―エロスの交易

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : Lewis Hyde  井上 美沙子  林 ひろみ 
  • 法政大学出版局 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588490200

ギフト―エロスの交易の感想・レビュー・書評

  • 贈与について、経済学的な観点以外に社会学、人類学的な観点から論じた一冊。さまざまな著書に引用がされている一冊であり、気になったため読んでみました。

    利子の存在や、プレゼントの流動性など、日々なんとなく感じている「ギフト」の意義を、神話などを例にして言語化していると思います。
    その一方で実社会の例が少なかったのは、すでに「資本主義」という経済が存在しているフレーム内だから、同様に論じることができない、ということだと思います。
    後半はギフトの精神を詩に歌った詩人の話題になり、少しわからなくなってきます。そのせいで個人的に評価が低くなりました。

    「選択」は「トレードオフ」であり、「贈与」である、と実感します。利己的な遺伝子の入れ物である我々人間が生きる意味とは、「贈与」にあるのかもしれません。

  • 『選択の科学』p283に紹介あり

全4件中 1 - 4件を表示

ギフト―エロスの交易の作品紹介

ギフトとは何か。モースやサーリンズの理論をホイットマンやエズラ・パウンドの生涯に適用し,芸術の創造と受容が贈与交換=エロスの交易に他ならないことを説く。

ギフト―エロスの交易はこんな本です

ギフト―エロスの交易のペーパーバック

ギフト―エロスの交易のハードカバー

ギフト―エロスの交易のペーパーバック

ツイートする