身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 石井一也
  • 法政大学出版局 (2014年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588603358

身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    産業革命以降の大量生産・消費・廃棄、環境破壊という近代化の歴史と、それに続くグローバル化の流れは、人類を含む生態系をますます危機にさらしてきた。
    本書は、I.イリイチの「コンヴィヴィアリティ(自立共生)」という概念を手かがりにして、人間と人間、人間と自然のより豊かな関係性を追求したガンディー思想をつぶさにたどることで、持続可能な社会への転換の途を探る。

    [ 目次 ]
    序章 身の丈の経済論
    第1章 ガンディーの生涯―「真理」の実験の記録
    第2章 ガンディー研究をめぐる論点
    第3章 宗教観―コンヴィヴィアルな倫理の形成
    第4章 経済思想の基本構造
    第5章 チャルカー運動
    第6章 受託者制度理論
    第7章 ガンディー死後の「ガンディー主義」―サルヴォーダヤ運動
    第8章 ガンディー思想と経済学
    終章 ガンディー思想とグローバリゼーション

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 請求番号:331.22/Ish
    資料ID:50075162
    図書館1階 学生選書コーナー

全3件中 1 - 3件を表示

身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)を本棚に「積読」で登録しているひと

身の丈の経済論: ガンディー思想とその系譜 (サピエンティア)の作品紹介

産業革命以降の大量生産・消費・廃棄、環境破壊という近代化の歴史と、それに続くグローバル化の流れは、人類を含む生態系をますます危機にさらしてきた。本書は、I.イリイチの「コンヴィヴィアリティ(自立共生)」という概念を手かがりにして、人間と人間、人間と自然のより豊かな関係性を追求したガンディー思想をつぶさにたどることで、持続可能な社会への転換の途を探る。

ツイートする