現代日本の大学革新―教学改革と法人経営

  • 18人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 清成忠男
  • 法政大学出版局 (2010年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784588682117

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料ID:21104000
    請求記号:

  • 2階書架 : 377.1/KIY : 3410152709

  • 多くの大学は教育型大学を志向するしかない。研究がた大学がグローバルな競争にさらされるのに対して、教育型大学の多くは国内的な教育ニーズを重視することになる。
    イノベーションを進めるためには新しいリベラル教育が不可欠であるという認識が強まっている。
    大学が変わったということをアピールすることが大切。
    オープンキャンパスとかは良い取り組みだと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

清成忠男の作品

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営を本棚に「読みたい」で登録しているひと

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営の作品紹介

2003年度に大きく転換した高等教育政策と、18歳人口が急減期に入った1990年代からの大学革新を取り上げ、その状況と問題点を論じる。(財)大学基準協会会長として認証評価機関の申請に関わり、また、法政大学総長・理事長として9年間にわたり学校法人の運営と改革に携わった著者が、行き過ぎた市場主義を見直し、高等教育政策における新たなルールづくりをめざした具体的提言。【高等教育論・大学経営論】

現代日本の大学革新―教学改革と法人経営はこんな本です

ツイートする