逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)

  • 48人登録
  • 4.00評価
    • (8)
    • (3)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 宮下誠
  • 法律文化社 (2002年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589025784

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 印象派から始まる近代絵画の流れについて、パウルクレーを指標として語る。キュビズムやシュルレアリズム、コンセプチュアルアートに至るまで。

    描く側が意識していないであろうことまで読み解いてしまう、読み解けるということはすごい。

  • 20世紀の西洋絵画美術の歴史が展開するダイナミズムと、絵画を楽しむための新しい視点を学べる絶好の書である。

    講義形式を採用しており、著者の語り口の巧さを手伝って、内容は「難しい」のになぜだか続きを読みたくなる。

    読書感想の詳細を以下リンク先のブログの記事に掲載。
    http://takatakataka1210.blog71.fc2.com/blog-entry-14.html

  • オモロー!

  • 西洋近代美術史講義録。ミステリのようなカタルシスはひたすら快感。

  • 学生時代のバイブル、その1。

全5件中 1 - 5件を表示

宮下誠の作品

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)を本棚に登録しているひと

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)を本棚に「積読」で登録しているひと

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)の作品紹介

本書はドイツ系美術史学の若き俊秀が前代未聞のスタイルで構成してみせた「20世紀芸術学講義」の第1弾である。

逸脱する絵画 (20世紀芸術学講義)はこんな本です

ツイートする