グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平

  • 14人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : デヴィッド ヘルド  マーティアス・ケーニッヒ アーキブージ  Mathias Koenig Archibugi  David Held  中谷 義和 
  • 法律文化社 (2004年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589027450

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • グローバル化の様々な側面を一流の学者達が書いている。グローバリゼーションの影響に関心のある方ならば、新たな発見をえられるかもしれないと思う。
    一方で、対象範囲が広すぎる為にいささか散漫な印象も受けた。

  • 妥当な測定基準からすると、グローバルな不平等な広がっているし、おそらく極貧層も減少していないと思われるだけに、グローバル化ないし、自由な市場関係の拡大が世界を正しい方向へ導いていると判断するわけにはいかない。
    かつて、国際的レベルのガバナンスといえば、国家の専権事項であった。国際的な同盟、レジーム、法律、組織や国家官僚の長国民的なネットワークのいずれによるものであれ、国家がガバナンスの実効的な毒船体であったし、国家間の共同決定や行為の決定の主体でもあった。ところがこの数十年の間にアクターが国家の枠を超えていった。
    アメリカに特にあかんたび利ティが求められるのは、アメリカの行動によって被害を受ける弱い立場の諸国民の利益が、アメリカの国内民主制によって保護されるとは考えられないから。

  • グローバル化の様々な問題に対するガバナンスの試みを考える本。経済、開発、政治、制度など様々な論客がガバナンスについてその学問領域から考える。『世界を不幸にした・・・』で有名なスティグリッツや組織論、国際政治論、レジーム、経済などあらゆる分野で名著を残すコヘーンなどの著名な研究者もおり、非常に思慮深い。個人的にはコヘーンのガバナンスとアカウンタビリティの関係についての分析を是非、読んでほしい。ただ、終章のヘルドについては評価はわかれるのでは?

全3件中 1 - 3件を表示

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平を本棚に「読みたい」で登録しているひと

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平の作品紹介

新自由主義的グローバル化や単独主義的世界秩序観を批判するとともに、社会的公正やアカウンタビリティの原理に立脚したグローバル・ガヴァナンスの民主的構築への方途を提示する。

グローバル化をどうとらえるか―ガヴァナンスの新地平はこんな本です

ツイートする