脱原発のための平和学

  • 11人登録
  • 3レビュー
制作 : 国際基督教大学平和研究所 
  • 法律文化社 (2013年9月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784589035394

脱原発のための平和学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは国際基督教大学平和研究所が主催したシンポジウムの記録である。反原発の良心ともいうべき京大助手の小出裕章氏の報告と坂本義和氏の対話を筆頭に、自らの仕事をなげうち、チェルノブイリ原発事故医療支援に従事し、帰国後松本市長となった菅谷昭氏の話、経済界でいち早く脱原発を打ち出した、城南信用金庫の吉原毅氏らの報告とそれぞれのコメンテーターの話をのせる。読んでいて、なんと良心的なシンポジウムなのかと心が洗われる思いがした。一方で、福島で放射線被害を訴えることの困難さも、ひしひしと伝わってくる。低放射線による被害がどれほどになるかはまだわかっていない。なのに、これに対する態度をめぐり家庭が崩壊したり、夫婦が離婚する悲劇を引き起こしている。脱原発のためにわたしたちはなにをすべきか。本書は、実際の運動に取り組んでいる人々の実体験を通し、わたしたちにこれからなにをすべきかを問いかける。

  • ICU, The Peace Research Institute(国際基督教大学平和研究所)
    http://subsite.icu.ac.jp/pri/index.html

    法律文化社のPR
    「「核」のない平和な世界の創造へ向け、批判的かつ創造的に社会のあり方を提言する。小出裕章氏、秋山豊寛氏、吉原毅氏ほか寄稿。 」

全3件中 1 - 3件を表示

脱原発のための平和学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする