わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)

  • 75人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
著者 : 西郷竹彦
制作 : 佐藤 忠良 
  • ポプラ社 (1968年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591003909

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔からある有名なお話。
    子供は昔言葉にピンとこないのか、無反応だった。
    一本のわらしべが大きなお屋敷に変わっちゃうなんて、私はものすごく憧れたお話だったんだけどな。
    もう少し大きくなってからもう一度読んでみよう。

  • 教材探しのため図書館より拝借。これはけっこうあこがれる世界。

  • 2015/05/12 朝2年生
    2017/09/28 2年生午後

  • 図書館で借りて読み。

    独特の言い回しが多いので、果たしてどのくらい理解してくれたのだろう…と思うのであった。

  • ? 35p 1978.10.? 19刷

  • 小さい子の読み聞かせにとても向いている。絵が美しくて遠目が効く。みかんや馬の顔など印象深い。もちろん、わらしべも、観音様も存在感がすごい!「おおきなかぶ」を描いた佐藤忠良氏なだけにさすが!の迫力!
    子どもたちも集中する。
    日本の昔話の代表として、個人の手には取りにくいだけに読み聞かせで紹介したい秀逸な絵本。
    わらしべちょうじゃ ならまずは一押し!これ!

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み製本した、ユニバーサルデザイン絵本の貸出をしています。
    ・ 状況が「読みたい」になっている本は、貸し出しできます。
    ・「いま読んでる」になっている本は、貸し出し中です。
    貸出方法については、ユニリーフのHP  http://unileaf.org/  をご覧下さい。

  • 28年度(仲よし)
    27年度(4-2)
    26年度(2-1)
    8分

  • ★佐藤忠良氏の絵が素晴らしい。

    現代版わらしべ長者として『いぬがかいたかったのね』とセットで読んだら面白いんじゃないかなぁ。
    2学期にやってみたい。

    所要時間5分
    低~中学年向け

  • 2012.11.7 2-1

全14件中 1 - 10件を表示

西郷竹彦の作品

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)に関連するまとめ

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わらしべちょうじゃ (むかしむかし絵本 17)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする