ブクログ大賞

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)

  • 1336人登録
  • 3.86評価
    • (188)
    • (143)
    • (248)
    • (9)
    • (2)
  • 194レビュー
制作 : 上野 紀子 
  • ポプラ社 (1974年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591004654

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)の感想・レビュー・書評

  • どんどん取り返しがつかなくなって
    ああぁ〜(´Д`;)ってなっていぐが、
    最後の最後でめでたしめでたし。

    とってもハラハラ、
    可愛い本。

  • ねずみくんのチョッキが、次から次に大きな動物へ又貸しされていく絵本。
    ねずみ用の小さなチョッキを無理に着てポーズを取る大型動物が笑いどころだけど、読み聞かせしていたら、2歳の娘が笑うどころか、ねずみくんが可哀想だと怒り出したのが少し面白かった。

  • 同じセリフが繰り返されるシンプルな構成が子どもにも分かりやすいようで、2歳8ヶ月の娘も「これ読んで!」とよく持ってきます。ラストがポジティブなのもクスッとさせられます。

  • はじめはあまり興味を惹かれなかったようだけど、読んであげたら、それぞれの動物のユーモラスな表情や、言葉の繰り返しや、結末の絵を見たりして、とても楽しかったみたいで、図書館に返すまで何度も読んだ。
    シリーズで借りてみようかなー

  • 恐らく幼い頃の私のために購入された絵本。
    今は、私の娘の絵本箱に収まっています。

    繰り返される台詞のリズム感とか、動物たちの滑稽な表情とか、小さい子どもが好きそうな要素が詰まっているとは思うんですけど、大人になってから読むと楽しさよりも悲しさの方が勝ってしまって……。

    完全に伸びきってしまったチョッキを引きずりながら歩くねずみくんの後ろ姿が辛い。

    いや、娘が楽しげならそれでいいんですが。

  • 岡山空港の図書コーナーにあった本。

    何度か読んだことはあったけど、夢中になって聞いてくれたので、待ち時間もあっという間に過ぎた。

  • 懐かしい。自分の子どもにも読んであげたい作品。

  • チョッキ以外は鉛筆画であることで、チョッキの赤が目立つ。
    また、全ページに縁取られたみどり色は、初めは全く目立たないのだが、キャラクターが大きくなってくると「枠」としての存在感を発揮しだし、縁を超える大きさの動物達の迫力を演出している。

    キャラクターのリアクションが毎回同じ繰り返しだということにも安心感があって面白い。

  • 悲しみのエンディングかと思ったら、まさかのどんでんがえし。

  • 自分が小さい時に読んだ中で、一番印象に残っている絵本。
    こどもに読んでみました。何年たっても、ねずみくんシリーズはいいですね!

  •  大変有名な,ねずみくんシリーズの最初の絵本です。
     小さい子~5歳ぐらいまで。2歳前後でも楽しめそうです。約2分。

     ねずみくんがお母さんにあんでもらった赤いチョッキ。
     あひるさんが,ねずみくんに借りて着てみたら少し小さい。
     それから,さるさん,あしかさん……いいチョッキをみんな着たがります。

     チョッキを着る動物たちがとてもユーモラス。
     しっかりと絵を見せてやるととても楽しんでくれる絵本です。
     子どもへの読み聞かせをはじめたばかりの人にもお勧めです。

  • ≪県立図書館≫
    ブランコブランコ。

  • 隙間時間に、大型絵本で。 動物がいっぱい出てくるし、はじっこからチョコンと顔を出す動物にキャッキャ言いながら楽しんでいた2歳児でした。

  • さいごにねずみくんがなぜ驚いているのかがイマイチわかってないみたい。
    でもいろんな動物がチョッキを着まわしていくのが楽しい様子。

  • 大きさの違うねずみと像が一緒に遊んでいるのが面白かった。

  • おもちゃや絵本を忘れて出かけてしまったので、11ヶ月の息子が退屈してきた時用に買いました。

    ねずみくんのチョッキがいろいろな動物に着られて伸びてしまうお話です。

    息子は、いろいろな動物がチョッキを着ていく様子をみていたけれど、最後にねずみくんがチョッキを着られなくなったところで「えっ?」と思ったようです。
    繰り返し繰り返し、「読んで」と言われ何度も読みました。
    何度か読んでいくうちにライオンが登場する辺りから「ちょっときついが にあうかな」でニタっと笑うようになった。そして、いろいろな動物の「ちょっときついが にあうかな」の顔が面白いようでニヤニヤ ニカニカ笑いながら見ている。

  • 資料番号:020005443
    請求記号:E/ウエノ

  • ねずみくんのお母さんがあんでくれた赤いチョッキ。それを着たいと、ねずみくんの所には次々と動物たちが・・・。チョッキはどんどんのびて・・・

    工藤朝海

  • 2014/7/12

    図書館にて子供と読みました。
    いままでタイトルだけみていて、ねずみくんの名前が「チョッキ」くんだと思っていました!

    そしたら、ねずみくんのチョッキというか、今で言うベストですよね。
    アパレル関連の仕事をする自分にとっては、もはや「ジレ」と言いたい位ですが、この本が出版された時代は「チョッキ」ですよね。
    いまなら「ねずみくんのジレ」、これはこれでかっこいいような・・。

  • 最後は絵本らしくめでたし、めでたしで終わりますが、(お母さんがせっかく作ってくれたチョッキなのに)ねずみくんがかわいそう!と悲しくなってしまい、子供の頃、私はこの絵本が好きではありませんでした。今でも苦手意識があるのか、あまり読みたいとは思えません。

全194件中 1 - 25件を表示

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)に関連する談話室の質問

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)に関連するまとめ

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)の単行本

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)の大型本

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本 1)の大型本

ツイートする