わたしのぼうし (絵本のせかい 2)

  • 86人登録
  • 3.93評価
    • (10)
    • (10)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : さのようこ
制作 : さの ようこ 
  • ポプラ社 (1976年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591004999

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ユリー・シュルヴ...
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
長谷川 義史
マージェリィ・W...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしのぼうし (絵本のせかい 2)の感想・レビュー・書評

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • わかるなーお気に入りのものを手放さなきゃいけない時のこの感じ。

  • 4分くらい。
    赤い花のついた帽子を汽車の窓から飛ばしてしまったわたし。
    お父さんは新しい帽子を買ってくれたけれど、私の帽子のようではない、と感じて、しっかりとかぶらない。

  • 大事にしていたお気に入りのぼうし。
    ある日、電車の窓から飛ばしてしまいました。
    おとうさんが新しい帽子を買ってくれたけれど、私は素直にかぶることができません。
    そのぼうしが自分のものじゃない気がして。
    でも、わたしのぼうしにちょうちょが止まって・・・

    お気に入りの帽子をなくしてしまった少女の気持ちを、優しく美しい文章でつづった名作。
    言葉の一つ一つがとても丁寧で、耳に心地よく流れます。
    シンプルなラインだけど、優しい色合いのイラストも素敵です。ほとんどが、帽子を中心に据えた少女の後ろ姿なのですが、その時の彼女の気持ちが痛いほど伝わってくるのです。
    女の子だけでも成立しそうな設定も、青い帽子の男の子の存在で、さらに印象深くなっているのはさすが。周囲の人々の暖かさも表現され、より深みが増しています。
    わたしは、
    「なんだか、わたしのほんとうのぼうしのようでした」
    ラストのこのセリフを読む瞬間が大好き。
    読むたびに暖かい気持ちになるし、子供たちもほんとに嬉しそうな表情をするからです。

    大人のみなさんも、子供のころ、お気に入りだったものありますよね。今でも大事にしているものだったり、なくしてしまったものだったり。
    そんな思い出に、そっとひたってみませんか?

  • お気に入りのものは代わりなどないこと。また帽子がすこしづつ自分のお気に入りへと変わっていく、そんな子どもの繊細な気持ちがつまった絵本。

  • 図書館で偶然見つけて、大ファンになりました。
    お気に入りの帽子をなくしてしまった女の子を取り巻くお父さんとお母さん、特にお兄さんの優しさにほろりとします。

  • (図書館) 追悼 さのようこさん
    懐かしくて借りてみました。

  • ぼうしをなくした女の子

    新しいぼうしは「前の帽子じゃない」といってかぶりませんが
    だんだん新しいぼうしもすきになっていきます

    佐野洋子さんの絵本
    こわくない^^

    新しいものってなじむまで時間がかかるよねー

  • 子どもの頃のお気に入りだったうちの一冊です。
    大好きで、とても大事にしていたぼうしが、風で飛んでいってしまいます。新しい帽子を買ってもらっても、自分の帽子のような気がしなくて・・・。
    ものを大切に思う気持ち。自分のものになっていく過程が、きめこまやかに描かれていて、親になった今、読み返しても美しい心の絵本だなぁと思います。

  • 子供の頃にもっていた数冊のなかの1冊
    これを読むたびあの頃に戻れます。

  • 我的帽子
    (中文版:臺灣麥克)

全13件中 1 - 13件を表示

わたしのぼうし (絵本のせかい 2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

わたしのぼうし (絵本のせかい 2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする