となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)

  • 657人登録
  • 3.95評価
    • (104)
    • (67)
    • (109)
    • (4)
    • (0)
  • 101レビュー
著者 : 武田美穂
  • ポプラ社 (1991年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591039427

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘレン・バンナー...
酒井 駒子
ばーじにあ・りー...
にしまき かやこ
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)の感想・レビュー・書評

  • 学校、行きたくない……。
    お腹がいたい気がする……。
    ずる休みしたい……。

    そんな気持ちになったことありませんか?

    主人公のみほちゃんも、学校に行きたくない……ってどうしたのでしょうか?

    テストがあるのでしょうか?
    それともお友達とけんかしたのでしょうか?

    実は……学校に、苦手な男の子がいるんです。それもとなりの席に…。

    算数の授業のときも、給食の時もいじわるばっかりしてきて、しかも、みほちゃんがお友達からお誕生日にもらった大切な鉛筆を…折ってしまった。
    まるで怖い「かいじゅう」みたいな男の子。

    みほちゃんが、重い足取りで学校にいくとそこには……。



    ラストシーンで、ますだくんが、「かいじゅう」から「男の子」になってるのは、仲直りしたからでしょうか?それとも…?


    子どもの頃、クラスに一人はいたかもしれない泣き虫な女の子「みほちゃん」と素直になれないけれど、ほんとは優しい男の子「ますだくん」の物語。

    ぜひ、ますだくん視点の「ますだくんの一ねんせい日記」と一緒に、ご覧ください。

    ネコヤナギ

  • 誰にも心当たりのありそうな「友だち」関係。楽しめるのは小1後半くらいからかな。

  • 《ネタバレ》息子のお気に入りなので久しぶりに再読。好きだからちょっかい出しちゃうますだくんの気持ちは大人からみたら分かりやすいけど、みほちゃんにとったら本当に辛いよね。怪獣だよね。意を決したみほちゃんの一撃、効いたみたい。みほちゃん、よく頑張った!ちょっぴり反省したますだくんの気持ちに気づいたかな?

  • となりの席のますだくんは、いじわるでらんぼうで、なにかとみほちゃんにちょっかいをだしてくる。
    いるよね、そういう男の子。
    いろいろ推察すべきご事情はおありでしょうが、みほちゃんにとっては冗談じゃない。病気になりたい…と願うくらい深刻な悩み。
    ますだくんがちょっぴり反省したところをみせると、恐竜から人間の男の子の姿に変わっているのは、みほちゃんのますだくんを見る目が変わったから、ですね。

  • 3歳4ヶ月に読む。
    おもしろいのだけど、まだ小学校がわからないので、ちょっとキョトンとしていた。

  • 増田くんに似てると言われもらった本。
    嬉しいすよ。

  • この本は、確か‘読書感想文全国コンクール課題図書’でしたよね?このような読みやすい絵本が課題図書なんてうらやましいって、表紙の課題図書シールを見た覚えがあります。武田美穂さんの絵はとても好きです。ますだくんは、今風にいえばツンデレで、恥ずかしがり屋のみほちゃんには、ますだくんの本当の気持ちがなかなか伝わりません。だから、ますだくんが怪獣に見えちゃうんだよねぇ。そんなふたりの様子がとっても可愛らしくて、目元口元を緩ませながら読みました。最後に、ますだくんがみほちゃんにとって、普通の(カッコカワイイ)男の子に見えるようになっておしまいになる、そんな終わり方が好きです。

  • ツンデレ男子ますだくん…w

  •  ずーっとずーっと気になっていたけれど、ちょっと気恥ずかしくて読めていなかった1冊。自分と同じ名前の女の子が主人公だと、なんだか、ちょっと、照れくさかったのです。

     でも、みほちゃんの困った顔が可愛くて、終盤のますだくんもなんだかイイ奴で、不器用な2人のやりとりが微笑ましかったです。

     コマ割りや色遣いも印象的で、みほちゃんの心の中を覗かせてもらっているような気分になりました。

  • 病院の待合室にあったので、懐かしくて読んでみた。

    みほちゃん視点からのますだくんは、
    頭が良くて運動もできるんだけど
    いつもいつも意地悪するから、怪獣みたいな風貌になってる。

    読んでてほのぼのします。かわいい。

    今読むと、意外にみほちゃんは気の強い子だと思うので、将来的に彼女はますだくんに勝てる気がしました。

  • 主人公の「あたし」が学校へ行きたくない理由は、隣の席の「ますだくん」の嫌がらせで――。ますだくんのツンデレが可愛くてキュンとします(ノ∀`)タイトルと表紙は知ってましたが、内容を覚えてなくて…もっと早くに読めば良かった!シリーズ全作品読もう♪ただ、漫画みたいなコマ割なので読み聞かせ難しそうf^_^;

  • 2013 8/24読了。図書館で読んだ。
    何の間違いか雑誌架にあったので手にとってみたもの。
    絵もいいし演出もいい絵本。しかし自分、絵本ぜんぜん知らんなあ・・・。

  • 「たし算おしえてあげようか」「いい。いじめるから。」せっかく優しくしてんのにさ、そう言われたのが悲しかった。「ごめんねってますだくんがぶった」が面白かった。ぶつのかよ!(S8)
    こいつ、チドイ!!(M5)

    ギーギーやってるますだくんがカワイすぎ!ぎゅーしたくなる可愛いさ。
    絵本というより漫画。

  • 小さな“わたし”の問わず語り。

    その小さな体に抱え込んだ憂鬱がすごく切ない。20・21ページなんか体調次第ではいくらでも泣ける。いやホントに。

  • 好きな子いじめちゃうのとおんなじ。
    甘酸っぱい〜!!
    そこがまた少女まんがみたいだ。

  • なつかしい!

    武田さんの描く絵すき

    太めの線でまるっこいキャラ
    かわいすぎる!

    いまさらだけど
    作者もみほちゃんなんだな

  • なつかしい!ほんとは怪獣じゃないけど、ますだくんが怪獣で表現されてるっていうのはすきな世界観です。子供は絵を書くときも遠近法よりは心理的な距離感とか重視で絵を描くそうですね。それに魅力を感じるのとおなじような感覚でこの世界観が好きです。

  • 子どもの頃はますだくんは意地悪だなあというくらいにしか思っていませんでした
    でも大人になってから読むこともおすすめします
    ますだくんの可愛らしい行動はとてもドキドキします!

  • かなり有名な本ですが、この絵本初めて読みました。
    今更感たっぷりです。

    子供たちには、可愛く見やすく漫画チックな武田さんの絵本は人気があります。

    しかし、あたしはそこが苦手。触手が伸びなかった本です。


    ここにきて、担当の先生が図書室にあったはずなのになくなっているということで、また新たに購入しました。

    新たに購入させるだけの本なのだろうか、どうか。

    読んでみる気になりました。


    うーーーーーん。

    分かりきった、どこにでもある話なんだよなー


    でも子供は「自分の気持ちを分かってくれる大人」だと
    武田さんのことを思うのかな。

    それに武田さんの本って、絵本のカテゴリーに入るのかなー?
    ハードカバーのオールカラーの漫画じゃないのかなー?


    とはいえ、なんだか最後のジーンとさせるテクニックは
    認めます。

    ジーンと来ました・・・・><

  • 小学生の時、図書室いくたび読んでいた。

  • いるいる、こういうこ。笑
    でも、愛おしいな〜〜

    ますだくん、やさしいんだよね、ほんまは。

全101件中 1 - 25件を表示

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)に関連するまとめ

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

となりのせきの ますだくん (えほんとなかよし)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする