サンタさんからおへんじついた!? (えほんとなかよし)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (5)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 若林ひとみ
制作 : 南家 こうじ 
  • ポプラ社 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (47ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784591039489

サンタさんからおへんじついた!? (えほんとなかよし)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小学生の時に図書室でクリスマスが
    近くなると毎年のように借りて
    お母さんに読んでもらった私にとって
    特別な本。手元にと思ってずっと探してて
    やっと見つかって嬉しかったです。
    今は廃刊になってると知り寂しいです。
    図書館で探します!(笑)

  • サンタさんのことがよくわかる楽しい絵本。

  • 図書館にて、「サンタクロースっているのでしょうか?」という絵本を借りようとしたのですが、6歳の息子に「借りる?」と聞いてみたところ、「サンタさんはいるに決まってるじゃん」と借りず、代わりにこの本を借りました(ちなみに、サンタさんがいるという彼なりの根拠は、去年、保育園にサンタ修行中の人が来たから、ということだそうです)。
    サンタ村の新聞記者が世界中から届く子どもたちからの手紙によく書かれている質問に答える、という形でお話が進んでいきます。「サンタクロースはいるの?」「サンタさんはどうやって暮らしているの?」「どうして道に迷わないの?」などなどの質問が並んでいて、サンタクロースは600人くらいいること、女サンタもいるけど女サンタはプレゼントを配りには行かないこと、子どものサンタは8歳になるとお父さんと一緒にプレゼントを配りに行くことなどが書いてあって、息子は終始目を丸くして聞いていました。
    サンタさんを信じているお子さんにはオススメの本だと思います。

  • この本の素晴らしいところは、回答の「ユーモア度」と「説得力」、「夢」と「もっともらしい現実感」とのバランスが、絶妙だという点。サンタって、いるか、いないか、信じるか、信じないか。 大人や子供に普遍的な言葉で教えてくれる本

全5件中 1 - 5件を表示

若林ひとみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
A.トルストイ
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

サンタさんからおへんじついた!? (えほんとなかよし)はこんな本です

ツイートする